お数珠

【PR】かわいい女性用喪服9800円〜!当日注文で即日発送!返品・交換、試着OK!

>>可愛い喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



お通夜やお葬式には、お数珠を使いますが、フォーマルなスーツの時も、着物の喪服の時も、お数珠は同じものです。

数珠には一連になっている略式のものと、長い二重念珠があります。

訃報を聞いてかけつける通夜の場合、数珠は持っていなくても会葬者に失礼にあたるということはありません

数珠の房は基本的に下にくるように持ちます。

焼香の際には数珠は左手にかけます。

また、僧侶が読経している間は、数珠は左手の親指と人さし指の間にかけ、両手ではさむようにして持ち、手を合わせます

あるいは、人さし指と親指とではさみ、自然に両手を合わせます。指を伸ばして、両手はぴったりと合わせましょう。

数珠の使い方は、宗派や数珠の種類によって異なる場合がありますから、わからなかったら目上の人に聞きましょう。

数珠は、一人ひとり、自分の数珠を持った方がよいと言われ、夫婦それぞれが持ち、子供が社会に出て働くようになったら、子どもにもお数珠を自分で用意させるか、親が用意してあげます。

また、お葬式では、多くはお数珠を使いますが、お数珠を忘れてしまっても、人に借りるのはよくありませんし、借りる必要もありません。

地方によっては、お数珠を使わないところもあります。

数珠が切れると縁起が悪い、という言い方もされますが、あくまでも迷信です。

仏様が自分の悪縁を切ってくれたと、いいふうに解釈をしましょう。

長い間使っていると、数珠の糸が切れてしまう事は当然おこります。それだけ、お念仏に励んだ証で、縁起が悪いと考える必要はありません。

切れて使えなくなったお数珠は、お寺で供養をしてもらうか、あるいは仏具屋さん頼んで修理をしてもらいます。

>>人気の女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話