袱紗(ふくさ)

【AD】かわいい女性用喪服9800円〜!当日注文で即日発送!返品・交換、試着OK!

>>可愛い喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



喪服を着て、葬儀や通夜に香典を持って行く時、袱紗(ふくさ)に包んでいかなくても、失礼には当たりませんが、今は、袱紗に包んで行くのが一般的になっています。

香典を袱紗に包むときの包み方ですが、香典袋を中央に置いて、袋の右→下→上→左の順に袱紗を折りたたみます。

また、結婚式で祝儀袋を包む場合は、香典袋の逆で、左→上→下→右という順に折りたたみます。

袱紗の包み方も、いろいろ決まりごとがあるのですが、今はお財布の型になっているものもあり、祝儀袋をただ入れるだけという簡単なものもあります。

お財布型は台紙が付いてしっかりした作りになっているので、受付に出すまで香典袋を皺にすることもなく、奇麗なまま出せるのがいいですね。

その点では、香典袋がシワになりやすい袱紗は負けます。

便利さの勝ち負けで行けば、袱紗は香典を出してしまえば、小さくたたんで、バックなり、ポケットにいれてしまえますが、お財布型はそのままですから邪魔になります。

袱紗の色は、紫の袱紗でしたら、祝儀不祝儀両方に使えます。袱紗は、数珠など、他の葬儀に使うものと一緒の場所に保管しておくと、忙しいときでも慌てずにすみます。

もしも、袱紗を持っていなくても、大丈夫です。袱紗がないときは、受付の前へ進み出る前に、前もってバッグから香典袋を出しておきます。

家に小さな地味目の風呂敷があれば、それを代用してもかまいません。香典を剥き出しで持参するよりも丁寧なかんじがします。

香典袋を受付で出すときは、香典袋の向きに注意をしてください。自分の方へ向けないで、受付の人の方に受付の人が目視できる方向で出します。

>>人気の女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話