バックと草履

【AD】かわいい女性用喪服9800円〜!当日注文で即日発送!返品・交換、試着OK!

>>可愛い喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



喪服の時に使う草履とバックは、本来、皮はNGです。

布製のバックと草履にします。

自分の喪服を作った残りの生地で草履とバックを作る人もいますが、落ち着いた感じでとってもいい雰囲気です。手芸店などに頼めばやってくれるところもありますし、呉服屋さんに聞けば紹介してくれると思います。

バックは、あまり大きな物はもちません。ハンカチとお数珠程度をいれるだけでいいですし、見た目的にも小さ目がいいです。

香典を包んだのし袋まで入れるとなると、けっこう大ぶりなバックになってします。袱紗に包んだまま手に持っているのがいいでしょう。

バックには手提げチェーンが付いているとお焼香の時にバックのやり場に困らず、スッキリ綺麗にお焼香ができます。

もちろん、チェーンも黒の物を選んでくださいね。

寒いときのお葬式には、黒色の手袋はかかせません。特に冬の通夜には助かりますから、一つ揃えておくのもお勧めです。

昔の男の人の傘は、ほとんどが黒の傘だったのですが、今、女性用の黒い傘を探してもなかなかみつかりません。黒の日傘なら売っているのですが・・・なかなか無いないので、透明の傘でも良いと思います。

暗色のきちんとした傘でお葬式に出席している人を見ると一段上品な感じがしていいですね。

傘もそうですが、パールのネックレスでなく、黒真珠やチタンなどの光らないネックレスを付けている女性を見ると、「心得ている」という感じで、奥ゆかしく感じます。

夏の暑い日のお葬式には、黒の扇子があると便利です。顔を涼しくするだけでもけっこう涼感があるものです。

>>人気の女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話