アクセサリー

【AD】かわいい女性用喪服9800円〜!当日注文で即日発送!返品・交換、試着OK!

>>可愛い喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



お葬式には、基本的にアクセサリーはマナー違反となりますから、喪服の場合も当然アクセサリーはなにも付けません。

結婚指輪だけが許されます。

寒い時期にはショールを巻いたりしますが、ファーや毛皮はマナー違反です。絹の黒のショールにします。

ベルベットは光沢のある織り地なので避けます

マニュキアもNGとされていますが、透明なマユキュアならよしとされています。

ちなみに、着物の喪服の場合は、さすがにパールのネックレスを付ける人はいないからいいのですが、フォーマルなスーツでお葬式に出席するとき、本来は光るパールのネックレスはお葬式にはタブーです。

日本でのお葬式ならまだいいのですが、外国でのお葬式にパールを付けて行ったら常識を疑われます。

お葬式にパールが許されているのは日本だけです。

「真珠は悲しみの涙を表す」など、とても素敵な言葉でカモフラージュされていますが、実のところ、日本のパールの商人が自分たちの儲けのために、勝手に考えただけなのです。日本人は、それをクリスマスの如く、商人に乗せられてパールを買って付けているだけなのです。

そもそも、日本人が着物を着るようになったのは、文明開化で洋服が入ってきてからで、一般の人が完全に洋服になったのは戦後です。

戦争中の写真を見ても女性は着物にモンペです。なので、一般の女性が普通に洋服を着るようになって80年そこそこと言えます。ということから、日本人が勝手に作ったマナーということがわかって頂けると思います。

白のパールが許されているとは言っても、黒真珠やチタンの黒のネックレスを付けている人を見ると、やはり、黒の相応しく感じられます。

出来れば、黒真珠か、黒のチタンをお勧めしたいです。

>>人気の女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話