うこんの風呂敷


>>女性の喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



昔から、大切な衣類はうこんの風呂敷に包んでおけば虫に食われなくていいと、重宝がられていました。

喪服も、うこんの風呂敷に包んでタンスの中に入れておくことをお勧めします。

ただし、本物のうこんを使った風呂敷は、防虫効果がありますが、安物のうこんの風呂敷は化学繊維で染めただけなので、たとえ色は同じでも防虫効果はありません。

畳とう紙に包んでから、うこんの風呂敷に包むのか、うこんの風呂敷に包んでから畳とう紙なのか意見が分かれています。

直接うこんの風呂敷で包むと、うこんの色が移る恐れがあるから、畳とう紙に包んでからという人と、畳とう紙に先に包むと畳とう紙の白が付いてしまうという人がいます。

しかし、絹は生き物ですから、自然のうこんの風呂敷に包んでからの方が、絹に優しいと思います。

ちなみに、畳とう紙の和紙は湿気を吸うため、糊のところからカビが出たりすることもありますから、畳とう紙に包んでしまって置く場合は、年に二回の虫干しが必要です。

うこんで包んでおいた場合でも、年に1回の虫干しをお勧めします。

日本は湿度が高い国なので、大事な喪服を一生ものとして楽しむためには、昔の人のように手間暇を惜しまない手入れが必要です。

できれば年に2回虫干しをして風を通しておきましょう。

虫干しの時に、虫やカビが付いていないかどうかも丁寧にチエックします。

着物を包むうこんの風呂敷は、90p四方の大きな物も売られていますし、畳とう紙と同じ形をした、うこんの風呂敷が売られています。

>>女性の喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話