虫干し


>>女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



湿気の多い日本では、昔から虫干しという習慣がありました。着物を大事にした昔の女性は、虫干しの時期になるとせっせと手入れをしたものです。

虫干しの目的は、「1,風邪を通すことで湿気を取り除く」「2.害虫などを取り除く」「3.着物の点検」の3つの意味があります。そして、虫干しをすることで着物の風合いが損なわれることが防げます。大切な喪服も虫干しをして、丁寧に保管することをお勧めします。

現代の家は昔の家の通気性の良かった家と違い、密閉度が高くなっていて、湿気がこもりやすい構造になっていますから、昔以上に虫干しが必要です。

喪服にとって湿気は大敵で、湿気カビの原因となり、生地そのものを駄目にしてしまいます。

虫干しに適している時期は、「7月下旬〜8月下旬」「10月下旬〜11月下旬」「1月下旬〜2月下旬」です。1月〜2月なんて、なぜ?と思われるかも知れませんが、寒中のこの時期は、虫の卵も死んでしまうからです。

干し方は、晴天が2日以上続いた日の午前10:00〜午後3:00の間に行います。風通しが良くて、陽があたらない場所を選び、ハンガーなどに喪服を一枚ずつ裏返して掛けます。畳とう紙も太陽にあてて良く干しますが、古くなったら交換します。

タンス引き出しも開けたままにしておいて、半日くらい空気を入れ換えてあげます。

干しているときにカビが付いていないか、虫が付いていないか丁寧に点検します。カビも早めでしたら、拭くだけでも落ちますが、どうしても落ちないようでしたら専門店に持って行きます。近くに専門店が無かったら、クリーニング屋さんに持って行きます。

喪服にとってカビは大敵です。 そのまま置いておくと取れなくなって、喪服をだめにしてしまいます。

喪服の虫干しは最低1年に1回はやることをお勧めします。もし、どうしても虫干しが出来ないときは、上記の虫干しに適している時期に、良く晴れた日に、箪笥の引き出しだけでも僅かに開けておいて空気を入れ替えてあげるだけでも違ってきます。

丁寧に手入れをすることで、喪服は確実に応えてくれ、いつまでも良い状態で着ることが出来ます。

>>女性の喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話