着る前の注意点

【PR】可愛い女性用喪服9800円〜!平日15時までの注文で即日発送!返品・交換、試着サービスあり!

>>可愛い喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



喪服の場合、着る幾日も前から準備をするとか、2、3日前からハンガーにかけてたたみシワを消したりなんていう余裕はありません。

お葬式は急なことですから、自分の喪服にまでなかなか手が回らない状況が多いですが、それでも前日には喪服を箪笥から出して点検をしておきましょう。

まず、箪笥から出して、ハンガーにかけておきます。長いこと箪笥に入っているのですから、どうしてもたたみ皺も出来ていますから、気になるようでしたらアイロンで伸ばしておきます。アイロンの温度は弱めで、当てる箇所に日本手ぬぐいや大きめのハンカチを当てて、その上からアイロンをかけます。

着物を着るのには、たくさんの小物が必要です。そのどれが欠けても大変ですから、点検をしておきます。

自分で着るのではなかったら、着つけてくれる人のところに前日のうちに持って行っておきましょう。そうすれば当日慌てることもなくてすみます。

バックに草履もまとめて準備して、お数珠も白いハンカチもバックの中に入れておきましょう。お葬式のときは白のハンカチが相応しいとされていますから、それも準備しておきます。

なれないきものは、歩き方も気を使いましょう。内またでそそと歩くなんていう言われ方もしますが、その歩き方はシナを作る印象があり、下品なこととされています。静かにまっすぐ歩けば大丈夫です。

そして、姿勢をまっすぐにしていれば綺麗に見えます。

この、姿勢をまっすぐに、という感覚ですが、頭のてっぺんが天井にスット引っ張られるという感覚でやってみてください。「自然でキレイなまっすぐ」ができます。

>>人気の女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話