桐のタンス


>>お得な婦人用喪服9800円の詳細はこちらをクリック!<<



大切な喪服をしまっておくのには、着物に優しい桐のタンスは最高です。

通気性の良い桐のタンスは、高温多湿の日本では着物をしまう最適の素材となっている他、火事で大量の煙にまかれても、タンスの中には煙が入らないといいます。

桐が湿度に合わせて膨らんだりして、常にぴったりしているからです。

そして、桐のタンスは水にも強く、一流職人の作った総桐のタンスなら、数時間水に浸かっても内部に水が入りません。

さすが長く浸かっていると鍵穴から水が入ることは避けられないそうです。中の着物は護られますが、水に浸かったタンスは使い物にならなくなるそうです。

以上のように、桐のタンスは、火事場の煙からも、洪水の被害からも、中の着物を守ってくれる素晴らしい家具です。ですから、大事な喪服はできれば桐のタンスにしまっておきたいものです。

また、桐のタンスは古くなったらカンナで削り直すと新品同様に生まれ変わるという優れものです。

母親がお嫁に持ってきた桐のタンスを削り直して、新品同様にして娘のお嫁入り道具にもたせたりもしたそうです。

ただ、現代のマンションなどで、和室がない場合は、桐のタンスのデザインは雰囲気が合いません。そこで和室のないマンションのために、総桐のチェストも作られていますから、洋室にも素敵におさまります。

雅子様が皇室に入られるとき、小和田家からタンスの注文を受けた家具屋さんが、桐のタンスに金箔を貼ってしまって、小和田家から引き取りを拒否されたという事件がありました。注文を受けた家具屋さんが、張り切り過ぎて金箔を貼ってしまったということになっていますが、それにしても、金箔を貼ってしまったのでは、せっかくの通気性の良い桐のタンスの良さが失われて台なしです。

1千万円もする金箔を貼ったあの総桐のタンスは、その後どうなったのか闇に包まれたままです。

>>お得な婦人用喪服9800円の詳細はこちらをクリック!<<







スマートフォンと言う携帯電話