防虫剤の選び方


>>女性用喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<



喪服他、着物を保管するときの防虫剤選びは、洋服ダンスの防虫剤選びより慎重にする必要があります。絹物は、生き物ですし、洋服と違って長期間そのままということもあります。着物の保管には防虫剤が欠かせませんが、防虫剤の選び方を間違えると、大事な着物をだめにしていまいます。

防虫剤の種類も様々あります。パラジクロロベンゼンやナフタリン(ナフタレン)、和服樟脳(しょうのう)、ピレスロイド系などがありますが、防虫剤を使用する際は、同一系統の物を使います。成分が違う防虫剤を一緒にいれると、溶けてシミをつくってしまう恐れがあります。

喪服の場合は、金糸や銀糸、箔、刺繍がないからいいですが、それらがある着物の場合は、防虫剤の化学変化によって変色する恐れがありますから、着物の保管に使用する和服樟脳(しょうのう)やピレスロイド系の防虫剤が良いでしょう。

着物専用の防虫剤が売られていますから、それを利用するのもお勧めです。普通のお店でも買えますが、ネットで買うと安く買えます。

そして、防虫剤は直接着物に触れないようにして入れることが大切です。防虫剤を正しく使えば、大切な着物を長く使うことができます。着物用の防虫剤は、ぜひ、慎重に選んでください。

しまったままこそトラブルの元になります。もちろん年に1度か2度の虫干しは欠かせませんが、たまには箪笥の引き出しを開けて空気を入れ替えて上げましょう。

虫が付きやすいウールの着物や、ショール、着付け用のゴムベルトなど、素材の違うものは一緒に保管しないことも大切です。

>>女性の喪服9800円の詳細はこちらからどうぞ!<<







スマートフォンと言う携帯電話