予算からの喪服の選び方


>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<



着物は値段があってないようなもので、喪服の場合でも値段とその品物が釣り合うのかさっぱりわかりません。お店を信用して買うしかないのですが、それほど良い品物でなくても、良い品物のようにセールストークできるのが呉服屋です。

でも、喪服の場合は反物を2、3反まとめて並べれば、素人目にもいいものか悪いものかがわかるものです。きちんと説明をしてもらって、わからなかったら聞きましょう。言っていることが嘘だったら、矛盾が出てきたり、答えられなかったりします。

喪服もピンからキリまであって、お金をかけようと思えばいくらでも高いものがありますし、安い物のまた、「え〜!これでお店は元が取れるの?」と、逆にこちらが心配になってしまうものまであります。

普通に一般的に多くの人が喪服にかけている予算は、夏の喪服と冬の喪服合わせてセットで50万円というケースが多いようです。

喪服に帯他セットで売られているものは10万程度からあり、2、30万円のセットが良く売れます。

お店に入ったときは、予算は正直に言わない方がいいです。呉服屋さんも商売で儲けが欲しいですから、あなたの予算以上のものを勧めてきます。あなたの予算以上の見せて色々説明し、そして、あなたの予算の物を見せて、やはりいい物はいいわねと思わせて高いものを買わせるか、「予算に合わせてこれぐらいおまけしますよ」と、お得感を持たせて買わせたりします。

値段に関しては、着物は「言い値」ということがあり、同じものでもお店によって値段が変わりますから、割り切って考えるのも必要です。あっちのお店で30万と言われた帯がこっちのお店では10万で売っていた、なんてよくあります。「おいしいお客さん」と思われたら、お店でも儲けようとします。

着物に素人がプロを相手にかけひきで負けないようにしようと思っても、無理があります。良心的なお店を選んで、自分の一生ものの喪服との出会いを楽しみにするつもりで選んではみてはどうでしょうか。

>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<






スマートフォンと言う携帯電話