喪服の選び方:黒の度合い


>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<



喪服を選ぶポイントは、色の黒さが決め手になります。

色の違いは、2,3反同時に並べて見れば違いが歴然と現れます。深いいい色の黒というのがあれば赤茶けたような感じの黒というのもあります。

深いいい色の黒を出すために「重ね染め」という染め方があります。一度染めただけでは深い黒が出ないので、何度も重ねて染め直すのです。

有名なのでは、京泥染めなどの泥染めがあり深い黒を出しています。なかには、安物でも「泥染め」とうたっているものもありますから気をつけてください。

京都の有名な染職人さんの泥三度染めは、泥染めの泥は、粒子が粗いと生地を痛める為、試行錯誤の結果、染料として使用するには、奄美の泥が品質的に安定していることから、遠い奄美泥染を使用しているそうです。

始めの下染めをした布に薄茶色の泥染めをしますが、これは表面の色に微妙な影響を与えて、より深味のある発色をして、重厚な黒が出ます。そして、その上にさらに、二回、三回と色を重ねて染めていきますが、一回ごとに微妙な色彩の変化を見せて、自然で優しい色目となります。この素晴らしい三度染は、着ている人の品や美しさを感じさせます。

現在は、さらにこの技法を発展させ、三度染めばかりでなく五度染めまで出ています。

一般の人には真偽はよくわかりませんが、うやうやしく「堅牢染め」などと書いてあるものはたいてい安物が多いといいます。堅牢染めとは、色落ちしにくいように染めてあるという意味です。

また、ウコン染めの物が出されたら、それは可もなく不可もない、普通の喪服といっていいでしょう。粗悪品でもなければ最高級品でもない、無難な品物と言えます。

>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<







スマートフォンと言う携帯電話