喪服の選び方:生地


>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<



喪服の生地の質や重さも、実に様々なものがあります。

普通よく使われるのは、浜ちりめんなどが多く、シボ(凸凹)があり、反物の重さとしては、1000g以上のものが良いものとされています。喪服は、濃い重厚な色が良く、その色を出すために、染料を何度も重ねて染めていきます。そのため、何度も染めるのに耐えられない、生地の薄い(軽い)ものは、すぐにヤケが出たりします。反対に生地が厚く、重いものは、しっかりと染めが入るため、黒の色も深く、ヤケも出にくいため綺麗な黒になります。

したがって、生地が軽いものは良いものではないと思って間違いないです。生地の重さも反物に印字されていますから、見るとわかります。

喪服の黒の色は、それ一点で見たらそれほど違いはわかりませんが、大勢の人が一度に黒を着るのですから、同じ黒でも違いが歴然としてきます。もっとも、「お取込み中」といわれる忙しく大変なお葬式ですからそこまで誰も見ていないよ、という人もいれば、遺族は忙しいけれど、お焼香に来た人はしっかり見るよと、これもまた取りようは様々です。やはり、自分で見て納得して選んだものを良し、とするべきでしょう。

店内の照明では本当の色がわからなかったりしますので、外に持って行ってしっかり見て選ぶお客様もいます。

夏の喪服の生地は、五泉の絹が多く使われますが、750g以上あれば良いものとされています。また、絽の織り目が細かく、白い襦袢が透けにくいものが質の良いものとされています。

喪服の生地の選び方をざっとまとめると、「光沢感が抑えられたもの 」「赤系統を除く、抑え目の色目 」「めでたい文様を避ける」ということになります。

>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<







スマートフォンと言う携帯電話