19歳の厄年に


>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<



喪服は何もないときにつくると誰かが死ぬなど、ほんとに迷惑な迷信?がありますから、作るタイミングを選んで作ります。

そのタイミングのひとつに、19歳の厄年というのがあります。

数えでやりますから、満18歳で作るということになります。

きちんとした親は、娘が高校を卒業してすぐそのための貯金を貯めさせて、ボーナスと合わせて作らせました。今の時代だったら、高校を卒業してすぐでも、クレジットがあるから困りませんね。もちろん親が買ってくれるケースもたくさんあります。

社会人になって、そして喪服を買って、なんていうと、なんとなく自分が大人になったような気分をあじわったりします。

結婚するときも喪服を作るタイミングですが、結婚するときは、なんだかんだと色々な出費がかかるときですから、19歳の厄年に作るのもおススメです。

お葬式だっていつあるかわかりません。自分が結婚する前にお葬式に参列しなければならないことも出てきます。「備えあれば憂いなし」です。早めに作っておけばいざ問う時に慌てません。

時間をかけてしっかり良いものを選べますし、呉服屋さんに値引き交渉もできます。

一度買えばほとんど買い替える必要のない喪服ですから、しっかり選びたいものです。そのためには19歳の厄年で作っておけば、良いものを選んで、買う余裕のあるときに作っておくことができますね。

19歳の厄年で買うときは、喪服は前もって揃えておくと誰かの不幸を待っていたようで縁起が悪いともされていますから、全部を揃えないでおきます。なにか一つを欠けさせるのですが、足袋を揃えないでおくなどするとよいです。

>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<







スマートフォンと言う携帯電話