PR:かわいい女性用喪服9800円〜!平日15時までの注文で即日発送!返品・交換、試着サービス


>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<



最近は、身内でも喪服を着る人が少なくなりました。それでも少し前までは少なくとも「喪主」の女性は必ず喪服を着ていたものですが、今は喪主でさえ喪服でなくフォーマルの黒の礼装の時もあります。

そして、本来は身内以外でも喪服を着るのですが、喪服を着る人の激減に伴って、身内以外でお葬式に参列すると「身内でもないのになぜ?」というあからさまな目で見る人もあり、身内以外で喪服を着る人はほとんど見られません。

そして、着るとか着ない以前に、喪服を持っていない女性も多くなっています。3,40年前までは、嫁に行く娘に喪服を持たせるのが普通で、それ以前はというと、喪服どころか娘が一生着る着物を持たせたものです。

喪服に関する何もかもが昔と変わってきてはいるのですが、せめて身内の不幸ぐらいは日本古来の喪服で身も心も改めて、礼をつくして故人を送りたいと思うのは私だけでしょうか?黒の喪服は弔事のときの最高の礼服です。

最近は、喪服をレンタルで借りて着る女性も多くいます。レンタルは脱いだ後はザッザーとたたんでレンタル屋さんに返しに行けばすみますので、着物のたたみ方を知らない現代の女性には助かります。

保存に気をつかって頭を痛める必要がないのも助かりますし、狭いアパートやマンションでは、喪服のしまい場所に困る場合もあります。

そんな便利なものがありますから、益々喪服を作る人が少なくなります。しかし、娘は便利なレンタルで済ませるから喪服なんていらないと言っても、親の世代はまだまだ娘が結婚するときは喪服ぐらいは持たせないと考えます。喪服ぐらい持たせないと嫁ぎ先に肩身が狭いように感じるのです。

そこで母娘で揉める場合も出てくるのですが、利便性だけが優先されて「着物は女の命」と大切にしていた古き良き時代を懐かしむ者にとっては淋しい限りです。
しかし、最近着物を楽しむ女性が増えてとても嬉しく感じるのですが、しかし、紬や小紋のいわゆる街着とかオシャレ着を求めているだけであって、自分の喪服を買おうとは思わないかと思います。

でも、喪服は高価ですし着るのに面倒ですから、自分では買わなくても、心では喪服の良さをきっと認めていることでしょう。そして、自分の喪服を持ちたいと喪服を作る女性もいるでしょう。たとえそういう女性の数が少なくてもいいから、日本の女性の喪服がしっかり受け継がれていくことを願っています。

>>女性用喪服9800円〜の詳細はこちらをクリック!<<












相互リンク.net 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  

スマートフォンと言う携帯電話